設立経緯と目的

東北大学大学院工学研究科附属マイクロ・ナノマシニング研究教育センターは、 平成7年度政府補正予算による「大学院を中心とした独創的研究開発推進経費」 で発足した施設です。 東北大学では「センサ・マイクロマシンの研究開発 (マイクロ・ナノマシニング)」を 研究・教育テーマに掲げ、全学的な協力体制でこの計画を推進しております。 目的は次の3点です。

1) 新産業創出に結びつく実践的で独創的な研究開発プログラムの推進
2) 高度の専門的職業能力を持ちベンチャー精神に富んだ創造的人材の育成
3) 大学院専用の教育研究施設と大型特別設備の整備